コンテンツへスキップ

(公社)砂防学会 信越支部 会員各位

 いつも大変お世話になっております。
長野県建設部砂防課 西澤課長補佐様より情報提供いただきましたのでご案内いたします。

松本市の牛伏川階段工が本年度完成100周年となることから、一般社団法人長野県測量設計業協会主催により技術職員の技術研鑽を目的とした技術研修会が下記日程により開催されます。
この研修会で、砂防図書館長の大久保駿様並びに上田建設事務所長の荻野厚様の講演がございますので、開催にあたり情報提供させていただきます。
詳細につきましては、H30.6.29 技術研修会案内(詳細)をご参照ください。

砂防学会信越支部の皆様に万障繰り合わせの上ご出席賜りますよう案内申し上げます。

以上 どうぞよろしくお願いします。

開催日時:平成30年6月29日(金)13時30分~16時30分
開催場所:松本市 JA松本市会館
松本市深志2丁目1番1号 電話0263-33-7300

講演:

砂防温故知新
砂防図書館長  大久保 駿

土砂対策とその対応について
長野県建設部 上田建設事務所長  荻野 厚

日時  平成30 年5 月8 日(火)16:00~17:30
会場  ホテル国際21 2 階「弥生」〒380-0838 長野県長野市県町576
出席  28 人

スケジュール

総 会 16:00~16:45
講演会 16:45~17:30
意見交換会 17:30~19:30

総会

1. 審議事項
①災害協定(中部地方整備局等)の締結について
②役員の変更等
③H29 年度 事業報告
④H30 年度 事業計画
⑤後援依頼(長野県松本建設事務所 牛伏階段工100 周年事業)
2. 報告事項
①INTERPRAEVENT2018(2018/10/1~4, 富山市) 

講演会

時間 16:45~17:30
演題 「平成29 年5 月長野県飯山市井出川流域で発生した大規模崩壊の実態と発生誘因」
講師 信州大学農学部 教授 平松晋也 氏
出席者 33 人

講演資料はこちらからダウンロードできます.

意見交換会

時間 17:30~19:30
会場 ホテル国際21 2 階「弥生」

日時 平成30年3月28日(水)15:30~17:00
会場 ホテル JAL シティ長野「志賀」長野県長野市鶴賀問御所町 1221
出席 17名

審議事項

1.H29 年度災害協定(中部地方整備局等)の締結について
2.役員の変更等
3.H29 年度 事業報告

1.支部設立総会の開催
2.土砂災害緊急調査の実施
3.砂防就職説明会の開催
4.支部ホームページの開設
5.支部運営委員会の開催

4.H30 年度 活動計画(案)

1.支部総会・講演会の開催
2.現地検討会
3.砂防就職説明会の開催:
4.(必要に応じて)砂防講習会
5.土砂災害発生時(随時) 土砂災害緊急調査

5.後援依頼

1.牛伏階段工 100 周年事業(長野県)

報告事項

1.国際シンポジウム INTERPRAEVENT2018 の開催案内

意見交換会

時間 17:30~19:30
会場 ホテル JAL シティ長野「妙高」


平成29年5月長野県飯山市井出川流域で発生した大規模崩壊と土石流 緊急調査
公益社団法人 砂防学会信越支部

2017年5月19日の早朝,長野県飯山市の井出川上流域で大規模崩壊が発生し,その後5月22日には無降雨時にもかかわらず断続的に6回の土石流が発生しました。人的被害は報告されていませんが,5月20日に避難勧告,5月22日に避難指示が発令されました(6月23日に避難勧告に変更) 。
また,市道の一部が通行止めとなり,JR 飯山線の一部が一時運休となるなどの影響がありました。砂防学会では,信越支部・平松晋也支部長(信州大学)を団長として土砂災害緊急調査団を組織し,6月20日に(公社)日本地すべり学会中部支部との合同で調査を実施しました。
この緊急調査と,発災後に実施された航空レーザ測量成果,および関係機関により撮影されたビデオ映像等をもとに,災害報告を取りまとめています(平松ほか,平成29年5月長野県飯山市井出川流域で発生した大規模崩壊と土石流,砂防学会誌 Vol.70, No.3, p.41-50, 2017)。

日 時:2017年(平成29年)6月20日(火)
調査箇所:長野県飯山市 井出川上流域・下流域
調査団:13 名
団長:信越支部・平松晋也支部長(信州大学)

上流班

石田 孝司 国立研究開発法人土木研究所 雪崩・地すべり研究センター
権田  豊 新潟大学農学部
澤  陽之 アジア航測(株)北陸コンサルタント課
堤  大三 京都大学 防災研究所 流域災害研究センター
長山 孝彦 日本工営株式会社 北陸事務所
福山泰治郎  信州大学農学部
山田 泰弘  国土防災技術(株)長野支店

下流班

平松 晋也 信州大学農学部
金澤 瑛  国立研究開発法人土木研究所 雪崩・地すべり研究センター
萬徳 昌昭 国土技術政策総合研究所 土砂災害研究部
三池  力 日本工営株式会社 北陸事務所
森下  淳 国土交通省北陸地方整備局湯沢砂防事務所
矢島 光一 国土防災技術(株)長野支店

   崩壊地と土石流の発生した井出川の位置
(出典:平松ほか,砂防学会誌 Vol.70, No.3, p.41‐50, 2017)

上流班
 
写真① 崩壊地の滑落崖と河道閉塞に      写真② 右支川を閉塞した土塊
よって形成された湛水池


写真③ 崩壊地下流の河道約15 mの高さまで
土砂流出の痕跡が見られる(2017/6/20撮影)

下流班

写真④ 桑名川砂防堰堤による土砂と流木
の捕捉状況

 
写真⑤ 鋼製牛枠(鋼製砂防牛枠水制)の 写真⑥ 大型土のうと大型ブロックの設置状況
設置状況(2017/6/20撮影)