令和2年7月豪雨および台風10号による九州地方の土砂災害に係る緊急調査報告会

 令和2年7月豪雨は熊本県を中心に九州地方に多数の土砂災害を発生させ,多くの尊い人命を奪うなど甚大な被害をもたらしました。公益社団法人砂防学会では,この災害に対し「令和2年7月豪雨による九州地方の土砂災害緊急調査団」(団長:地頭薗鹿児島大学農学部教授・砂防学会九州支部長)を組織し,災害調査を実施しました。また,9月には台風10号により宮崎県椎葉村において人的被害を伴う土砂災害が発生し,この災害に対しても災害調査を実施しました。これらの調査結果について,報告会を開催しますので下記のとおりご案内いたします。

日時:令和2年12月22日(火)13:00~15:30
開催方法:オンラインによるWeb 会議方式
報告内容:1)令和2年7月豪雨による九州地方の土砂災害緊急調査結果
     2)令和2年台風10号による宮崎県椎葉村の土砂災害緊急調査結果
     3)総合討論

・参加費:無料。参加ご希望の方は下記申込期間内に事前登録をお願いします。
・定員:250名。参加希望が多数の場合はお断りすることがあります。
・申込期間:2020年11月30日(月)10:00(予定)~12月18日(金)16:00(厳守)
 *なお,定員に達し次第,申込受付を終了いたします。ご了承下さい。
・申込先:参加・取材ご希望の方は,報告会申込用web サイトより申し込んで下さい。申し込みが受付された場合,自動返信メールが送られ,後日参加に必要なID,パスワード,URL をメールにて連絡します。詳細は随時、本ページもしくは学会ホームページ新着情報・大会情報でご確認下さい。
・本報告会の参加者はCPD 取得の対象とする予定です。